人

サプリメントは必要なものなのか

サプリメントは果たして必要なものなのだろうか??
今となっては健康の為だと言う事で当たり前のように私たちはサプリを飲んでいます。
ですが、サプリメントと言うのは本当に私達の体に
何らかの影響をもたらしているのか?

抗酸化サプリメントの摂取は死亡率を高める可能性も指摘されてきました。
どうやらサプリメントは安易にあれもこれもと摂取するのは
危険な行為かもしれません。

ビタミンA,E、その他の抗酸化サプリメントの摂取は死亡率が高める効果があって
しかもビタミン剤メーカーが主張しているような健康上の効果は
実際にはないという事が香は二に渡る新たな研究で分かりました。

よくダイエットとビタミンは結び付けられていた
サプリメントの持つ健康的なイメージにとって大打撃となってしまうかもしれません。

この研究はデンマークの研究者の主導で行われました。
18万938人の患者に対して
47の臨床試験の分析を行い
ビタミンA、E、βカロチンは死亡率5%上昇と関連があると結論付けました。

研究によればベータカロチン、ビタミンA、ビタミンEは
単独、もしくは他の抗酸化サプリメントと結びついて死亡率を上昇させると言う事。
研究を主導したゴラン、ブエラコビッチ氏は
われわれの研究結果は、
抗酸化剤は健康を回復させるという観察研究の結果を否定するものだ!
と指摘しています。
なおビタミンCについても寿命を伸ばすと言う書庫はなく
生存に対するビタミンCのマイナス影響の可能性を覆す証拠は何処にもない。
と発表していました。

clear